頭痛・片頭痛の解説ブログはこちら

そのつらさ、パソコン・スマホのせいかも。

『VDT症候群』と言われますが、頭痛のほかに、肩首の痛み、背中や腰の痛みなどの症状が現れます。
パソコンの利用時間、画面の位置、室内の明るさ、姿勢など環境のチェックが必要です。
治療院で楽になっても、日常生活に戻れば、また症状が出てきます。
対症療法ではなく、根本的な解決のためには環境を変えることも大事です。
日頃の身体のケアの仕方や正しい姿勢の保ち方を知ることが大切です。

頭痛の多くが緊張性型頭痛です。
後頭部の緊張、背中の緊張、頭の緊張を緩和することで症状が和らぎます。
揉んだりするのではなく、簡単な、痛くない施術でできますので、ご相談ください。

頭痛・片頭痛について詳しくはこちら

頭痛・片頭痛