五十肩の解説ブログはこちら

五十肩になった人のアドバイスはあてにならない!

五十肩を経験した人は「五十肩はしっかり動かして早く治さないと肩が動かなくなるよ」という人が多くいます。
実際はどうなのでしょうか?
以前は、棚の上の物が取りにくい、夜中に肩が痛くて目が覚める、などの特有の症状を呈する疾病群を、全部ひっくるめていわゆる「五十肩」と呼んでいました。
現在では腱板炎、腱炎、滑液包炎、化骨性筋炎などと呼ぶようになったので、五十肩という病名を使うことが少なくなってきています。
では、どういったものを五十肩と呼ぶのでしょうか?

五十肩はこじれて1年以上の期間をようするもの、治るのに1年以上の期間をようするものを五十肩と呼びます。
つまり、初期段階での治療に失敗した人が五十肩になるのです。
五十肩は真面目な人ほどひどくなる傾向が強く、そのほとんどが早く治そうとして、早期から痛みに耐えながら肩を一生懸命動かします。
では、一生懸命努力したのにこじれるのはなぜでしょう?
五十肩の初期は腱板炎、腱炎、滑液包炎などの炎症症状なのです。
肩関節周囲の靭帯や腱などに炎症が起こって痛みを発して、痛みで肩関節の動きが制限されているのです。
組織の炎症は安静、冷却、固定が基本であるのに、痛みを我慢して運動した結果、炎症がひどくなって、痛みで夜も寝ることが出来なくなるほどにこじれて、五十肩を発症してしまいます。

五十肩には3つのステージがあります
初期(急性期)炎症による痛みが激しい時期
中期(慢性期)完全に五十肩が発症して痛みと共に関節の拘縮が始まる時期
後期(回復期)痛みは軽くなるが肩関節が拘縮して動きにくい時期

五十肩が治った人は、後期(回復期)に、拘縮して動きにくい肩関節を一生懸命動かして克服した記憶だけが残ります。
そして、初期(急性期)に五十肩の先輩からアドバイスを受けて、肩関節が動かなくなると大変だと思いこみ、我流の運動療法を実行したことで、こじれてしまったことなど忘れてしまっているのです。
だから肩の調子が悪い人を見ると「五十肩は肩が拘縮して動かなくなるから動かさないとダメだよ」とアドバイスするのですね。
だから、アドバイスは聞かない方がいいのです。

肩の調子が悪いと思ったら、他人のアドバイスや自己診断で勝手な運動療法をしないで、
専門の治療院へ行って、自分の症状が初期の炎症の時期なのか、中期の五十肩を発症してしまっている時期なのか、すでに1年以上不調が続いて回復期になっているのかを正しく診断してもらってから、治療する事が最も早く治す近道なのです。

五十肩について詳しくはこちら

五十肩