アトピー性皮膚炎の解説ブログはこちら

アトピー性皮膚炎は
『内臓の機能低下だけでなく胃腸の不調や他のアレルギー症状』まで起きてしまいます。

原因には『冷えと体の老廃物の蓄積』が考えられます。

体の冷えは湿疹・乾燥・肌の赤みを起こさせ、
体の循環を阻害させるため体に老廃物も溜まりやすくなります。

・薬は飲みたくない。

・ステロイドは絶対に嫌。

という方がいますが、

まずは医師の診断や処方に準じつつ、
東洋医学の力を使い体の改善に取り組んでください。

アトピー改善には長期的な治療が必要不可欠で季節性で悪化する、緩和するなど人それぞれです。

患者様一人ひとりに合った施術とアドバイスを心がけてまいりますので、
少しでも症状の緩和、改善に繋げていけるよう一緒に頑張っていきましょう。

東洋医学を基に全体を診ることによって分析を行います。

使用する「刺さない鍼」は経絡経穴(ツボ)に当てて刺激を与えることで
体全体(骨格、筋肉、内臓、神経、血管)すべてに影響を及ぼすことができ
1つのツボを刺激するだけで全身の調整ができる特殊な鍼灸治療となっています。

これを患者様一人ひとりの状態に合わせて治療をおこないます。

アトピー性皮膚炎について詳しくはこちら

アトピー性皮膚炎