肘の痛み(上腕骨内側上顆炎)の解説ブログはこちら

肘の内側に痛みが発生する症状で、テニスのフォアハンドやトップスピンを行う時に使う部位になります。
ゴルフやテニスで無理なスイングを長時間・長期間続けたり過度な負担がかかることによって発症します。

ボールのインパクト時の衝撃が肘に伝わることで腱の損傷を起こします。

この症状は特定の動作によって痛みが出るため安静はもちろん必要ですが、
筋線維の捻じれやヨレによって発生し、腱が伸ばされ痛みが発生するため、
そこを戻す操体法を行い、鍼を打つと改善が早くなります。

※安静時の痛みがある場合はアイシングを優先し、強い炎症を落ち着けさせる必要があります。

 

肘の痛み(内側上顆炎)について詳しくはこちら

肘の痛み(内側上顆炎)

この記事に関する関連記事