むち打ち症の解説ブログはこちら

自動車事故により首が鞭を打つようにしなることで起こる症状を、俗に「むちうち」と言い、医学的には、頸椎捻挫・頸部捻挫・頸部損傷・頸部挫傷・外傷性頸部症候群などと診断されます。

首の筋肉、靭帯、椎間板などの軟部組織や骨が損傷することで、頭、首、肩、腕、背中、腰などの痛み、しびれ、めまい、吐き気、倦怠感、知覚異常、睡眠障害など受傷の程度により様々な症状が現れます。

症状は・頸椎捻挫・神経根症状・バレー・リュー症状・神経根症状+バレー・リュー・脊髄損傷の5つに分類されます。

〇頸椎捻挫
むちうちの70%以上がこれにあたり、首の筋肉や靭帯などの軟部組織が損傷することで、後頭部、首、肩、背中など痛みや、運動制限が起こります。

〇神経根症状
椎間板や靭帯、骨などの損傷により、腕などに出ていく神経が圧迫されることで、圧迫された神経の支配領域に痛み、しびれ、知覚障害、筋力低下、深部反射の減弱などが起こります。

〇バレー・リュー症状
原因は判明していませんが、首の交感神経の過緊張や、椎骨動脈の循環障害などが関係しているといわれており、めまい,耳鳴り,頭痛,記憶障害,倦怠感,吐き気などが起こり、慢性化する傾向があるといわれています。

〇神経根症状+バレー・リュー
神経根症状と、バレー・リュー症状の療法の症状が起こります。

脊髄損傷
事故の衝撃で、脊髄(背骨の中を通る太い神経)が損傷されることで、手や足の知覚障害、運動障害が起こります。

 

むち打ち症について詳しくはこちら

むち打ち症