めまい(メニエール病)の解説ブログはこちら

メニエール病とは、体の平衡感覚をつかさどる耳の奥の“内耳”にリンパ液がたまることによって生じる病気のことです。

30~50歳代で発症することが多く、発症すると耳が詰まったような違和感や軽度の聴力低下が引き起こされます。

そして、体の平衡感覚に異常が起きて回るようなめまいが生じ、耳鳴りやさらなる聴力の低下が起こるようになるとされています。

このような症状は通常片方の耳にのみ生じますが、もう片方の耳に発症することも多く、一度症状が治まっても再発を繰り返していく過程で聴力が徐々に低下することが特徴です。

メニエール病に悩まされ、このページをご覧くださっているあなたは、これまで痛みをなくすために様々なことを試されたのではないでしょうか。
病院で処方してもらった薬を飲んだり、「ストレスが原因」といわれたのでなるべく減らすように工夫してみたり…

実はこれらはいずれも、表面的な症状を緩和させたり一時的に痛みを感じなくさせることを目的とした『対症療法』です。

日常生活に支障をきたすほどのめまいが起こる場合や症状を早く抑える必要がある場合、対症療法は確かに効果的です。

ですが、表面的な問題への処置だけでは、薬がきれれば再発を繰り返すといった悪循環をいつまでも繰り返してしまいます。
一生メニエール病に悩まない『本当の意味での改善』に導くためには、もっと根本的な原因にアプローチすることが重要になります。

めまいというと、脳に異常があるのでは?と思ってしまいそうですが、実はメニエール病のめまいを引き起こす原因は『耳』にあります。

耳の構造を大きく分類すると、外側から順に『外耳』『中耳』『内耳』の3つに分けられます。
この中で『内耳』という、一番内側にある部分には、主に2つの役割があります。

1つは外耳から入ってきた音を脳に伝える役割、
もう1つは平衡感覚のバランスをとる役割です。

内耳がこの2つの役割をはたすためには、『リンパ液』が非常に重要になります。
リンパ液が音による振動をキャッチしたり、身体の運動に合わせて流動的に流れることで、音や身体の傾き加減を正しく脳に伝えることができます。

しかし、メニエール病の方はこのリンパ液が増えすぎて、内耳が水ぶくれの状態になっています。
身体のバランスが上手く取れずめまいが起こるのも、音が正常に聞こえなくなるのもこのせいです。

リンパ液が過剰になる原因はストレスやホルモンバランスの崩れ、睡眠不足や過労、気圧の変化などが関係していると、一般的には言われています。

あなたの身体がストレスや疲労によるリンパ液の増えすぎを自分で解決できない状態になっているからなんです。

『メニエール病の原因の原因』を辿っていくと、最終的には自律神経の乱れに行き着きます。

実は、身体の不調には必ずしも自律神経が関わっているといっても過言ではありません。

そもそも自律神経とは、交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで、人間が生きていくための無意識下での働きをコントロールする器官です。

自律神経の乱れを正常にし、身体が多少の問題なら自分で解決できる状態に戻してあげることが、メニエール病改善のカギとなります。

東洋医学はこの自律神経の乱れを鍼とお灸で整えていきます。

 

めまい(メニエール病)について詳しくはこちら

めまい(メニエール病)

この記事に関する関連記事