胃炎の解説ブログはこちら

主な症状は胃の痛み、胸やけ、吐き気、食欲不振などがあります。

胃炎と言っても実際は様々な胃炎があります。
アルコールやストレス、細菌やウイルス感染による「びらん性胃炎」

ピロリ菌感染により、胃の粘膜の萎縮や炎症が起きる「非びらん性胃炎」

病気やケガなどによる血流の低下胃酸の増加、胃の粘膜のバリア機能低下による「急性ストレス性胃炎」

など様々な病名・原因があり、胃酸や胃の粘膜などの分泌量のバランスが崩れたり、ストレスによって胃に負担が生じてしまい他の臓器にまで影響を及ぼしてしまうのが胃炎症状なので比較的慢性化しやすいのも特徴と言えます。

身体は防衛反応として特有の筋緊張と体の歪みを呈します。

全身の歪みを診て、全身の経絡の状態を探り、異常の根本を探ります。

東洋医学を基に全体を診ることによって関係なさそうなところにも焦点を当て症状に対して分析を行います。

鍼灸施術の基本治療穴には、中脘、足三里、内関を基本とします。症状に合わせて様々な治療穴がありますのでお一人お一人に合った治療を行います。

胃炎について詳しくはこちら

胃炎

この記事に関する関連記事