顎関節症の解説ブログはこちら

顎関節症は顎関節通、雑音、異常運動を主症状として5つに分類されます。近年、顎関節症の病態の解明が進み、現在は顎関節疾患というより咀嚼器官全体を含んだ疾患としてとらえられています。

顎関節症分類と鍼灸治療

Ⅰ型 顎関節運動時に咀嚼筋などの痛みを主症状とする 軟部組織の緊張緩和と痛みに鍼灸治療が適応
Ⅱ型 外傷などに起因し関節の軟組織の損傷を伴うもの 随伴症状と疼痛緩和に鍼灸治療を応用
Ⅲ型 関節円板の異常により関節雑音、ロック音などを呈する 随伴症状に鍼灸治療を応用
Ⅳ型 軟部組織の編成があるもので、関節雑音を呈する 随伴症状に鍼灸治療を応用
Ⅴ型 Ⅰ型~Ⅳのいずれにも属さない、心理的影響などによる 心理的緊張緩和に鍼灸治療を応用

当院では顎関節症に有効な操体法の施術があり、顎の歪みを取りながら、鍼灸を併用して治療を行います。

顎関節症について詳しくはこちら

顎関節症