起立性調節障害の解説ブログはこちら

思春期に多い、立ちくらみ、めまい、頭痛、朝起きが悪いなどの起立性低血圧とともに、動悸、頭痛、腹痛などを伴う全身性の自律神経機能の不安定な状態を呈する。自律神経機能の異常とともに何らかの心理的問題が見られます。

小学生に約5%、中学生に約10%の割合でみられ、男女比は1:1.5~2、不登校の3~4割に起立性調節障害が認められます。

半数は遺伝的な原因と言われていますが、自立神経の働きが乱れ、上半身、特に脳の血流低下など循環障害が起こることにより、朝起きれない、動悸、たちくらみ、倦怠感、頭痛、お腹が痛いなど様々な症状が現れます。

午前中に症状が強く現れる傾向があり、学校に遅刻したり欠席すなど日常生活に支障を来たし、重度になると引きもこもりや不登校になることもあります。

症状は一見「怠けている」「わがまま」のように見えますが、起立性調節障害は本人の意思ではどうすることもできない自律神経系の病気ですので、「頑張れ」「やる気を出しなさい」など叱っても改善することはできません。
身体的な病気であることを、家族や周囲の方が理解し長い目で改善のために協力することが非常に重要になります。

起立性調節障害は適切な治療を行うことで、軽度であれば通常2~3カ月、重度では1~3年で改善すると言われています。
しかし、改善後も自律神経のバランスを崩しやすい体質であるため、学校や仕事で本人のペースにあった無理のない環境作りや、体調管理をしていく必要があります。

起立性調節障害は様々な症状が現れるため他の病気との見極めが難しく、慎重に診断が進められます。

問診や血液検査、内分泌検査、心電図検査、X線検査などを行い、鉄欠乏性貧血、心疾患、てんかん、副腎、甲状腺などの病気でないことが確認し、起立性調節障害の主な症状である、立ちくらみ、失神、気分不良、朝起床困難、頭痛、腹痛、動悸、午前中に調子が悪く午後に回復する、食欲不振、車酔い、顔色が悪いなどのうち、3つ以上、または、2つ以上でも症状が強ければ起立性調節障害と診断されます。

起立性調節障害がある場合、体には自覚症状以外に自覚のない全身的な筋肉のこり、血行不良、自律神経の乱れなどが存在します。全身の筋肉のバランスを整えて、はり治療を行い、根本的な改善を目指します。

起立性調節障害について詳しくはこちら

起立性調節障害

この記事に関する関連記事