すねの痛み(シンスプリント)の解説ブログはこちら

足のつま先を上げるときに使う筋肉を過剰に動かすことで起こる病気です。陸上の短距離・長距離、サッカー、バスケットボール、バレーボールなど、ダッシュやジャンプを繰り返すスポーツをしている人に多くみられます。

また、ふくらはぎの筋肉(ヒラメ筋)などの柔軟性の低下によって炎症が起きることもあるため、

足底からふくらはぎの筋肉の柔軟性を高める必要があり、操体法とはり治療が有効です。

ひざから足首の内側で、下から3分の1に痛みが発生するという特徴があり、内側の骨(脛骨=けいこつ)に沿ってうずくような鈍痛で始まります。

ある一点に痛みが集中する疲労骨折とは明らかに症状が異なります。

 

すねの痛み(シンスプリント)について詳しくはこちら

すねの痛み(シンスプリント)

この記事に関する関連記事